それなりにお金が掛かる|聖ローザクリニックで安心できる出産を望む|母子の対面

聖ローザクリニックで安心できる出産を望む|母子の対面

それなりにお金が掛かる

診断

妊娠したかもと思ったらまずは産婦人科を受診し、その後も定期的に産婦人科へ通うことになります。妊娠・出産は病気ではないため保険適用外となり、掛かる費用は全て自己負担となってしまいます。妊娠・出産でいくらお金を支払う必要があるのかを調べてみました。 まず必要となるのが産婦人科で受ける定期健診の費用です。出産までにおよそ10回程度受ける必要があり、金額はおよそ5000円〜10000円です。また定期健診以外にも別途検査があるため、その度に5000円前後費用が掛かります。 いよいよ出産となると入院・出産費用が必要です。病院によって金額は異なりますが、大体30〜40万円前後が一般的な費用です。入院中に大部屋ではなく個室を希望したい場合には、プラス10万円程度掛かると考えてよいでしょう。

入院・出産費用は病院の種類によってかなり違いが出てきます。特に公立・私立問わず総合病院では50万円前後と、かなり高額な費用が掛かるようです。その変わり、総合病院だと産婦人科以外にも小児科や外科等さまざまな窓口があるため、出産前後で母子共に何か問題があった場合、院内で素早く対応してもらえるという利点があります。その他、大学病院や助産院になると大体35万円前後の費用が掛かります。 入院・出産費用はこの金額だけ見ると高額ですが、出産後には出産育児一時金が42万円支給されます。そのため自己負担額はだいぶ軽減されます。また出産時に帝王切開となった場合は保険適用となるため、こちらも自己負担額は軽減されます。 掛かる費用と支給される費用を正しく理解して、安心して出産に臨んでくださいね。